ホテルサンルート徳島

ホテルサンルート徳島 ホテルの空調機リニューアル

利用ソリューション:空調機リニューアル
目的/課題 冷暖房の切り替えを2フロアごとでしか行えなかったため、空調について宿泊客からの問い合わせが少なくなかった。空調が近年の猛暑に対応しきれなくなってきた。
解決策 部屋ごとに運転調節を行える冷暖同時タイプのビル用マルチエアコンにリニューアル
効果 空調に関する宿泊客からの問い合わせがほぼなくなった。空調機のパワーが増した上、音も静かになった。
利用ソリューション1 室外機:ビル用マルチエアコン冷暖同時タイプR2 室内機:天井埋込型(低騒音タイプ)、MAコンパクトリモコン、空調冷熱総合管理システムAE-200J

お客様インタビュー

弊社にご相談いただいた背景について教えて下さい

以前は冷暖切替タイプのビル用マルチエアコンだったため、2フロアごとでしか冷暖房の切り替えを行えず、季節の変わり目などはお客様の「暑い」「寒い」というご要望に個別にお応えできませんでした。また、近年の猛暑に対し、空調の能力が追い付かなくなってきていました。改修の必要性を感じていた時に、空調機をリニューアルしたばかりのグループホテルに宿泊する機会がありました。自分で寒暖や風量を調節し、好みの室温で過ごせるのはやはり快適です。その工事が御社によるものであることを知り、私たちもエレベーター、エスカレーターの保守をお願いしていて信頼感があったことから、ご相談させていただくことにしました。

弊社を選んでいただきました理由について教えて下さい

御社にお願いすることにした理由のひとつは、当ホテルの近くに支店があり、これまでも何かあった時には迅速にご対応いただけていたからです。また、以前、室外機の騒音やパイプ周りの結露の問題が発生した際にご相談したところ、対症療法的な修繕方法ではなく、中長期的な解決に向けてのご提案をいただいたことでも信頼感がありました。今回は営業を続けながら各部屋の室内機を交換するという大規模工事でしたが、御社は提案の段階から施工時の騒音対策や安全対策などが具体的でした。そのため、お客様の安全・安心に配慮しつつ稼働率を維持するための方法をイメージしやすかったのも大きかったです。

リニューアル後の状況について教えてください

新しい空調機は冷暖同時タイプのビル用マルチエアコンのため、お客様は部屋に備え付けのリモコンで寒暖、温度、風量を自由に設定できます。以前は、季節の変わり目にはフロントが空調のクレーム対応に追われることもありましたが、それが解消され、業務に集中できるようになりました。また、リモコンが日本語、英語、中国語の3言語対応なので、海外のお客様からも好評です。空調機の音がかなり静かになったことも大きいですし、省エネ効果にも期待しています。

施工ギャラリー

その他・補足事項

休館せずにフロアごとに工事を行うため、上下階の騒音対策に最も気を遣いました。事前に考えられるリスクをピックアップし、お客様の安全・安心を考えた工事計画を作成。クレーン車を使用する室外機の交換は、比較的稼働率の低い日曜日の深夜に5回に分けて行いました。ホテルサンルート徳島様も18時以降チェックイン、8時チェックアウトのプランをご用意する等工事にご協力くださり、おかげで無事に終了することができました。

インタビュー当時の所属 
四国支社 徳島支店 ファシリティ係

担当者:山越 恵太

お客様は飲食店も経営されており、自ら全国に食材を買い付けに行かれるほど、提供する料理やサービスへのこだわりをお持ちです。今回の空調機のリニューアルにおいても、お客様のご要望は細部にわたり、それに一つひとつ真摯に応えるご提案を心がけました。また、工事に際しては、騒音などでご迷惑をおかけしないよう慎重に作業を進めました。
お客様のご要望やホテルに求められる機能は日々変化しています。その変化を見逃さないよう常に現場に足を運び、お客様と接することで、自分自身も情報感度を高めていくことを心がけています。これからも仕事を通じて地域のお客様の発展に貢献してまいりたいと思います。

本事例にご興味がある方、自社に合った方法をお探しの方

お電話でのお問い合わせはこちら

(故障対応等、緊急のご連絡については、お電話でお願いいたします。)

本事例の詳細をご覧になりたい方