• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

News Release ニュースリリース

ニュースリリース

2019年01月16日
  • 〜男女1,000人に聞いた、“元号”に関する意識調査〜
    好きな元号ランキング結果発表
    1位『昭和54.9%』、2位『平成19.3%』、3位『明治8.5%』

「ビルを、まるごと、心地よくする。」三菱電機ビルテクノサービス株式会社(社長:吉川正巳)では、当社Webサイトにおいて、当社オリジナルの2019年カレンダープレゼント応募者(男女各500名、合計1,000名)を対象に、元号に関する意識調査を行いました。


◆全体の5割以上(54.9%)が「昭和」を支持(男性60.0%、女性49.8%が選択)
調査の結果、好きな元号で最も多かったのは、「昭和」(54.9%)、次いで「平成」(19.3%)、「明治」(8.5%)となりました。(「昭和」回答者の性別内訳:男性60.0%、女性49.8%)。また、4位以下は、「元禄」(3.3%)、「大正」(2.3%)、「慶応」(2.3%)と続いています。
『「昭和」を選んだ理由は、「活気のあった時代」が思い起こされるという声が多数!(以下抜粋)』
・戦前戦後復興、高度成長期など日本に活気があった時代だから
・日本が経済的に発展した年号だから
・昭和生まれであること、高度成長期、バブル…日本の激動期が全て詰まっている時期 等


◆新元号に入れてほしい漢字一文字は1位「和」(13.5%)!
新元号に入れてほしい漢字一文字について質問したところ、最も多かったのは、「和」(13.5%)、次いで「安」(9.5%)、「幸」(5.1%)の結果となりました。
『「和」を選んだ理由は、「平和」や「調和」などを連想させるため!(以下抜粋)』
・世界が和やかに輪でつながってほしいという願いを込めて
・和み、調和、平和などイメージが良い
・和平、和睦、和気藹々と暮らしたい 等


【調査概要 (男女1,000人に聞いた、“元号”に関する意識調査)】
◆調査手法:WEB調査  ◆実施日時:2018年12月3日〜14日
◆調査対象:当社Webサイトでの「カレンダープレゼント」応募者
◆対象内訳:20歳以上の男女各500人(合計1,000サンプル)


【当社オリジナルカレンダーについて】
当社では、25年前から、動物の夫婦・親子・仲間同士のふれあいや愛情表現などを通じてコミュニケーションの素晴らしさを表現した「動物のふれあいカレンダー」を制作しています。例年、当社Webサイトにてカレンダープレゼントに伴うアンケートを行っております。

※詳細は下記PDFファイルをご覧ください。



以上
  • お問い合わせ先
    三菱電機ビルテクノサービス(株)  広報室:内田、開発
    Tel:03-5810-5280
    Mail:a_meltec-kouhou@meltec.co.jp
Adobe PDFでご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
無料でダウンロードできます。
ニュースリリース一覧へ戻る
ページトップへ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.