• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

Service サービス

建築・設備定期調査診断

ビルの現状を正確に把握すること。
定期的な診断は、ビルの価値を守る基本です。

ビルの資産価値を保つには、ビルの現状把握が重要です。「建築・設備定期調査診断」は、あなたのビルのドクターとして定期的に建物と設備を調査・診断。
その結果をもとに現状の問題点への改善策、中長期的なリニューアル計画、予算計画等をご提案します。

  • 診断のメリット
定期的な診断を行なうことによって、次のようなメリットが期待できます。

●設備の品質維持(停止の予防)・高度な保全活動の支援。
●設備機器の寿命予告と修理(インターバル・内容)計画・予算計画の策定。
●ライフサイクルコストの低減・長期保全計画の作成。
●ビル運営の省コスト化・省管理。
●社会ニーズに適合したビル機能の付加価値向上。
●建物利用者への安全性・快適性の確保、地球環境保護。

このページの先頭へ

  • 建築・設備定期調査診断
基本診断

●ビル診断のスペシャリストの目視・診断ツールによる建物・設備のトータル診断。
●分析結果の報告およびその改善策のご提案。


特殊建築物定期調査/建築設備定期検査

●建築基準法第8条・12条に基づく、建物・設備の調査および検査の実施。


精密診断(オプション)

●基本診断に加え、劣化の症状を高度な計測器で詳しく診断。
●分析結果からより的確な改善策のご提案。

建築・設備定期調査診断
ビル診断の種類

このページの先頭へ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.