• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

Building-facilities ビル設備

三菱エレベーターリモートメンテナンス契約「ELE-FIRST」
防犯カメラ録画サービス「モーションサーチ」

防犯カメラ録画サービスに、新機能。安心がさらにランクアップ!

カメラ画像の解析などで、もしもの事態を察知する2つの先進機能。

  • 暴漢によるトラブルなどを最新の画像解析技術で検出する「モーションサーチI」
画像の動きで、異常レベルを判別。
警告アナウンス、各階停止などを自動的に行います。

画像解析技術
エレベーター内のカメラで撮影した画像を4,800コマに分割、各コマに映っている人の動きの「向き」と「大きさ」を解析することで、暴漢によるトラブルなどを検出します。人が急激に上下左右に動く、または大きく、小さく不規則な動きを繰り返すなど、通常ではない現象が起きた場合、異常のレベルに応じて警告アナウンスや各階停止などを行うほか、状況を詳細に記録するために録画を高画質・高密度録画に切り替えます

あらかじめ高画質・高密度録画に設定されている場合は、そのまま高画質・高密度録画を継続。

画像解析イメージ

このページの先頭へ

  • 動画紹介
動画はこちら

このページの先頭へ

  • 急病などで動けない人を画像の輝度パターンなどで検出する「モーションサーチII」
ブザーで警告を行い、指定階でドアを開きます。

あらかじめエレベーター内の輝度(明るさ)パターンを記憶。人が乗ることで生じる輝度パターンの変化をとらえ、乗客を検出します。もし乗客がいるにも関わらず数分間呼び登録・ドア開閉がない場合は急病などで動けない人がいる、あるいは不自然に長くエレベーターにとどまる人物がいると判断。ブザー鳴動を行うほか、エレベーターを指定階まで運転してドアを開きます。

このページの先頭へ

  • 動画紹介
動画はこちら

このページの先頭へ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.