• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

News Release ニュースリリース

ニュースリリース

2016年10月17日
  • お客様の要望に応じて利用時間を確保するリニューアル工事を実現
    工事期間中でもエレベーターが利用できる「ハイブリッド制御盤」を開発
三菱電機株式会社と三菱電機ビルテクノサービス株式会社は、新旧の巻上機や操作盤が混在するリニューアル工事期間中でもエ レベーターが利用できる「ハイブリッド制御盤」を開発しました。これにより、お客様が要望する時間帯に工事を行い、工事の ない時間帯は利用可能とすることで、利用者の不便を軽減します。



開発の特徴
1.業界初の「ハイブリッド制御盤」により、工事期間中でもエレベーターが利用可能
・業界初※1、新旧双方の巻上機や操作盤を制御できる「ハイブリッド制御盤」を開発
・新旧の機器が混在する工事期間中でも、作業をしていない時間帯はエレベーターが利用でき、従来、約1週間必要であった連 続休止期間のゼロ日化を実現
・お客様の要望に応じて利用者の少ない時間帯に工事を行い、エレベーターが利用できる時間を確保(例:マンションでは通勤 ・帰宅時間帯、飲食テナントビルでは営業時間帯、事務所・病院では平日など)
※1:2016年10月17日現在(当社調べ)

今後の展開
本制御盤を採用したリニューアル製品を、2016年末までに発売予定です。

開発の背景
現在、国内には約72万台のエレベーターが設置されています。そのうち、設置から25年が経過し、リニューアルの時期を迎えた 当社製エレベーターは約5万台あり、2020年度には約9万台となる見込みです。
これまで、リニューアル工事の際は、制御盤を含めた全てのリニューアル機器の工事が完了するまでエレベーターが利用できな いため、高齢者の多いマンションや病院などでは、工事による長期間の停止が問題となる場合がありました。今回、この問題を 解決するため、工事期間中でもエレベーターが利用できる「ハイブリッド制御盤」を開発しました。

特長の詳細
1.業界初の「ハイブリッド制御盤」により、工事期間中でもエレベーターが利用可能
リニューアルの時期を迎える1990〜1997年頃に製造した三菱エレベーター「GRANDEE(グランディ)」を対象※2に、既設機器と リニューアル後の機器の双方を制御できる専用の制御盤「ハイブリッド制御盤」を開発しました。これにより、リニューアル工 事期間中でも作業をしていない時間帯はエレベーターを利用することができます。例えば、マンションでは通勤や通学などの利 用者が多い朝晩の時間帯、飲食テナントビルでは夕方・夜の営業時間帯にエレベーターの利用を可能にします。また、病院など エレベーターの連続休止期間を設けるのが難しい施設や、事務所ビルなどでは、工事を利用者の少ない曜日に分散することで、 利用者の不便を軽減します。
※2:仕様により、対応できない場合があります。


リニューアル工事中のエレベーター利用イメージ


以上
  • 報道関係からのお問い合わせ先
    三菱電機株式会社 広報部
    〒100-8310 東京都千代田区丸の内二丁目7番3号
    TEL 03-3218-2834 FAX 03-3218-2431
    三菱電機ビルテクノサービス株式会社 広報室
    〒116-0002 東京都荒川区荒川七丁目19番1号
    TEL 03-5810-5280 FAX 03-5810-5277
  • お客様からのお問い合わせ先
    三菱電機ビルテクノサービス株式会社 昇降機保守事業本部
    〒116-0002 東京都荒川区荒川七丁目19番1号
    TEL 03-3802-9532
Adobe PDFでご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
無料でダウンロードできます。
ニュースリリース一覧へ戻る
ページトップへ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.