• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

News Release ニュースリリース

ニュースリリース

2008年02月27日
  • マンションのセキュリティー対策に関する調査報告 − 約4割の人が過去に不審なことを経験

“ビルを、まるごと、心地よくする”−三菱電機ビルテクノサービス株式会社(本社:東京都千代田区、社長:岡部季生)では、関東近郊および関西近郊の分譲マンション居住者を対象に、マンションのセキュリティー対策に関する意識調査を実施しました。30代から60代までの男女各400名、合計800名の有効回答を得ましたので下記に、ご報告いたします。


■調査要約

<約4割の人が過去に不審なことを経験>

現在お住まいのマンションで過去に不審なことがあったかどうかを質問したところ、「不審なことがあった」と回答した人が4割(41.0%)に達することが明らかになりました。

<狙われるのは留守中と死角になる場所!?>

具体的に過去にどのような不審なことがあったかを質問(複数回答可)したところ、「空き巣の被害もしくは未遂があった」という回答が1位(54.6%)で、「自転車やバイクなどへの悪戯や盗難などがあった」「自動車の盗難や車上荒らしがあった」という回答がそれぞれ2位(54.0%)と3位(39.0%)で続いており、留守中に加え、入口や部屋から死角になる駐輪場・駐車場が狙われていることが明らかになりました。

<防犯ライト・防犯カメラの設置は防犯対策の基本に>

現在お住まいのマンション全体では、どのような防犯対策をおこなっているかについて質問したところ、「防犯ライトが設置されている」(77.9%)が最も多く、「防犯カメラが設置されている」(73.8%)も7割以上の物件で実施しているとの回答を得たことから、これらの設置は防犯対策の基本として定着していることが判明しました。

<駐輪場は居住者以外の侵入が容易で、犯罪の要因に?>

一方、マンション全体の防犯対策のうち、「駐輪場は居住者のみ出入り可能である」(25.3%)という項目は少数にとどまり、過去に不審なことがあったという人の回答で多かった“自転車やバイクなどへの悪戯や盗難”(※Q2参照)の一因になっていると推測されます。

<防犯効果が高いのは、防犯カメラと外部侵入者の遮断>

さらに、マンション全体の防犯対策で、防犯効果(犯罪抑止力)が高いと思うものについて質問したところ、8割以上が「防犯カメラが設置されている」(81.8%)に回答しているほか、「エントランスがオートロックである」(64.4%)、「駐輪場は居住者のみ出入り可能である」 (63.7%)、「駐車場がシャッターゲート付である」(59.9%)といった項目が上位に入りました。
防犯カメラの設置と外部の侵入者を遮断することが、犯罪の抑止に繋がると多くの人が認識していることが明らかになりました。

<空き巣被害への対策は多くの人が意識>

現在お住まいのマンションで防犯のために心がけていることを質問したところ、「訪問者(配達人含む)は、玄関扉の窓で確認している」(55.1%)と「長期不在などの場合、新聞配達を中断してもらっている」(51.1%)の2つが半数以上となっています。さらに「外出の際は、カーテンなどを閉めるようにしている」(30.3%)も3割以上の回答を得ていることから、空き巣被害に対する意識の高さを反映していると推測されます。


■調査概要

<対象者>
 関東近郊(東京、神奈川、埼玉、千葉)、関西近郊(大阪、京都、兵庫)の分譲マンションにお住まいの、30代から60代までの男女各100名、合計800名。

<有効回答>
 800サンプル

<調査時期 >
2008年1月

<調査方法>
インターネットを活用し実施


■調査結果

Q1.現在お住まいのマンションで、過去に不審なことがあったか?

約4割(41.0%)の人が、過去に不審なことを経験

…現在お住まいのマンションで過去に不審なことがあったかどうかを質問したところ、「不審なことがあった」と回答した方が4割(41.0%)に達することが明らかになりました。

<Q1.現在お住まいのマンションで、過去に不審なことがありましたか?>

 
度数
比率(%)
不審なことがあった
328
41.0
不審なことはない
472
59.0
集計母数
800
100.0

 

Q2.どのような不審なことがあったか?

「空き巣の被害もしくは未遂」(54.6%)がトップ。「自転車やバイクなどへの悪戯や盗難」(54.0%)、「自動車の盗難や車上荒らし」(39.0%)も上位に入り、留守中や死角になる場所(駐輪場・駐車場)が狙われていることが明らかに!

…現在お住まいのマンションで過去に不審なことがあったと回答した方(328名)を対象に、具体的にどのようなことがあったかについて質問したところ、「空き巣の被害もしくは未遂があった」という回答が1位(54.6%)で、「自転車やバイクなどへの悪戯や盗難などがあった」「自動車の盗難や車上荒らしがあった」という回答がそれぞれ2位(54.0%)と3位(39.0%)で続いており、留守中に加え、死角になる駐輪場・駐車場が狙われていることが明らかになりました。

<Q2.どのような(不審な)ことがありましたか?>
  ※複数回答 N=328

 
度数
比率(%)
空き巣の被害もしくは未遂があった
179
54.6
自転車やバイクなどへの悪戯や盗難などがあった
177
54.0
自動車盗みや車上あらしがあった
128
39.0
マンション内で見知らぬ人を見かけたことがあった
104
31.7
エレベーター内などに落書きなどがあった
96
29.3
抱きつき、痴漢などのわいせつ行為もしくは未遂があった
65
19.8
不審火などがあった
34
10.4
下着泥棒などがあった
12
3.7
その他
31
9.5

…その他は、落書きや器物の破損、ごみやたばこの吸い殻の投棄、不審者の徘徊などです。

 

Q3.現在、お住まいのマンションでは、どのような防犯対策をおこなっているか?

 「防犯ライトの設置」(77.9%)、「防犯カメラの設置」(73.8%)、「駐車場がシャッターゲート付き」(72.6%)といった項目がそれぞれ7割を超え上位に。一方で「駐輪場は居住者のみ出入り可能」は少数(25.3%)にとどまり、居住者以外の侵入も容易に?

…現在お住まいのマンション全体では、どのような防犯対策をおこなっているかについて質問したところ、「防犯ライトが設置されている」 (77.9%)が最も多く、「防犯カメラが設置されている」(73.8%)、「駐車場がシャッターゲート付きである」(72.6%)といった項目も、7割以上の人から実施しているとの回答を得ました。また、意外に多かったのが「植込を伐採し低くするなど見通しを確保した」という項目で、65.8%に達しています。

一方で、少数にとどまったのが「駐輪場は居住者のみ出入り可能である」(25.3%)という項目で、過去に不審なことがあったという方の回答で多かった「自転車やバイクなどへの悪戯や盗難」(※Q2参照)の一因になっていると推測されます。

<Q3. 現在、お住まいのマンション全体では、どのような防犯対策をおこなっていますか?> 
  
※複数回答 N=800

 
実施している
実施していない
度数
比率(%)
度数
比率(%)
防犯ライトが設置されている
623
77.9
117
22.1
防犯カメラが設置されている
590
73.8
210
26.3
駐車場がシャッターゲート付きである
581
72.6
219
27.4
植込を伐採し低くするなど見通しを確保した
526
65.8
274
34.3
エントランスにカメラ付インターホンがある
507
63.4
293
36.6
定期的に警備員が巡回している
500
62.5
300
37.5
エントランスがオートロックである
491
61.4
309
38.6
エレベーターにガラス窓が付いている
460
57.5
340
42.5
近所との交流を多くした
387
48.4
413
51.6
管理人が常駐している
334
41.8
466
58.3
駐輪場は居住者のみ出入り可能である
202
25.3
598
74.8

 

Q4.マンションの防犯対策は効果(犯罪抑止力)が高いと思いますか?

8割以上(81.8%)の方が「防犯カメラの設置」に回答しているほか、「エントランスのオートロック」(64.4%)、「駐輪場は居住者のみ出入り可能」(63.7%)が上位に。駐車場がシャッターゲート付(59.9%)は効果の点でも上位に入る。

…マンションの防犯対策について、防犯効果(犯罪抑止力)が高いと思うかについて質問したところ、8割以上が「防犯カメラが設置されている」(81.8%)に回答しているほか、「エントランスがオートロックである」(64.4%)と「駐輪場は居住者のみ出入り可能である」 (63.7%)、「駐車場がシャッターゲート付きである」(59.9%)などが、防犯効果が高いと回答しています。

<Q4.マンションの防犯対策の内 効果(犯罪抑止力)が高いと思いますか?>
  ※複数回答 N=800

 
高い
高くない
度数
比率(%)
度数
比率(%)
防犯カメラが設置されている
654
81.8
146
18.3
エントランスがオートロックである
515
64.4
285
35.6
駐輪場は居住者のみ出入り可能である
510
63.7
290
36.3
駐車場がシャッターゲート付きである
479
59.9
321
40.1
管理人が常駐している
479
59.9
321
40.1
エントランスにカメラ付インターホンがある
475
59.4
325
40.6
近所との交流を多くした
460
57.5
340
42.5
定期的に警備員が巡回している
432
54.0
368
46.0
エレベーターにガラス窓が付いている
427
53.4
373
46.6
植込を伐採し低くするなど見通しを確保した
280
35.0
520
65.0
防犯ライトが設置されている
164
20.5
636
79.5

 

Q5.防犯のために心がけていることは?

「玄関扉の窓で訪問者を確認」(55.1%)、「長期不在時の新聞配達中断」(51.1%)”は半数以上の方が実施。「外出の際にカーテンなどを閉めるようにしている」(30.3%)も多く、空き巣被害への意識の高まりを反映。

…現在お住まいのマンションで防犯のために心がけていることを質問したところ、「訪問者(配達人含む)は、玄関扉の窓で確認している」(55.1%)と「長期不在などの場合、新聞配達を中断してもらっている」(51.1%)の2項目は、半数以上の方が防犯のために心がけていることとして挙げています。また、「外出の際は、カーテンなどを閉めるようにしている」も3割以上(30.3%)の回答を得ていることから、長期不在時に新聞配達を中断する対策も含め、空き巣被害に対する意識の高まりを反映していると推測されます。

<Q5. あなたが防犯のために心がけていることをいくつでもお選びください。>
  ※複数回答 N=800

 
度数
比率(%)
訪問者(配達人含む)は、玄関扉の窓で確認している
441
55.1
長期不在などの場合、新聞配達を中断してもらっている
409
51.1
郵便BOXなどは、苗字のみ表示し、名前は表示していない
369
46.1
夏でも夜(就寝中)はかならず窓を閉める。網戸のままにしておかない
247
30.9
外出の際は、カーテンなどを閉めるようにしている
242
30.3
在宅時も必ずドアチェーンで施錠している
181
22.6
外出中も部屋の照明を点けるようにしている
117
14.6
夜中まで洗濯物を干さないようにしている
113
14.1
訪問者(配達人含む)は、できるだけドアチェーンを付けたまま対応している
105
13.1
洗濯物(下着など)は屋内に干している
65
8.1
その他
35
4.4

…その他は、玄関や窓の鍵の交換・強化、訪問者のインターホンでの映像確認、地域の人との積極的な交流など。一方、特に何もしていないという人も複数(2.1%)います。


以上
  • 報道関係からのお問い合わせ先
    三菱電機ビルテクノサービス株式会社
    広報室 担当 : 長谷河、宮本
    TEL:03−3201−8060
Adobe PDFでご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
無料でダウンロードできます。
ニュースリリース一覧へ戻る
ページトップへ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.