• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

Information ビルの管理に役立つお知らせ

日常の点検(3)インターホン

インターホンは、非常時にかご室内と管理室などの外部との連絡を可能にする大切な装置です。
ここでは、管理者の方が点検時に留意すべき事項と操作方法を説明いたしますので、しっかりと覚えてください。
  • インターホン点検時に留意すべき事項
  • ●即座に応答できる体制を

エレベーターの運行中は、インターホンの呼び出しに即座に応答できる体制を確立してください。

注意 インターホンの応答ができないと、かご室内からの連絡がとれなくなり、閉じ込め等の発生時に対応が遅れるおそれがあります。

管理者の方が常駐している部屋(管理室等)にインターホンが設置されていない場合は、移設や増設もご検討ください。

  • インターホンの移設・増設については、当社へご相談ください。
即座に応答できる体制を
  • ●受話器はいつも正しい位置に

受話器は、常に正しい位置にセットしておいてください。

注意 受話器が外れたままになっていると、かご室内から呼び出しをしても、受信側の呼び出し音が鳴らず、対応が遅れるおそれがあります。
  • ●通話チェックは2人1組で

インターホンの通話チェックは、かご室内に1人、管理室などの設置場所に1人の、2人1組で行ってください。
通話チェックの際は、お互いの声が聞き取れるか、音量・音質が正常かをチェックしてください。

通話チェックは2人1組で
  • インターホンの操作方法
  • ●管理室からかご室内へ連絡するときは…

受話器をとるだけで、そのままかご室内と通話することができます。

  • エレベーターが2台以上あり、インターホンに号機選択ボタンが付いている場合は、受話器を外し、該当するエレベーターの号機選択ボタンを押してから話してください。
管理室からかご室内へ連絡するときは
  • ●管理室のインターホンが鳴ったら…

受話器をとって応答してください。

  • 受話器を取っても応答がない場合は、かご室が正常に運行されているかをご確認ください。
  • エレベーターの異常を発見した場合は、当社へ速やかにご連絡ください。
管理室のインターホンが鳴ったら

このページの先頭へ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.