エレベーターを安心して
ご利用頂くために

非常時・緊急時の対処法

1.地震・火災時の避難にエレベーター利用は厳禁です。

たとえエレベーターが動いていても、絶対に乗ってはいけません。火災階に止まって扉が開いてしまったり、火災に伴う停電のため、かご内に閉じ込められる危険があります。
また、地震や火災がおさまった後もエレベーターは危険です。専門の技術者が点検を行うまでご使用にならないで下さい。
ご近所に火災が発生した場合にも、停電によって停止する場合があります。

2.エレベーター内で地震を感じたら全階のボタンを押しましょう。

エレベーターの中にいて揺れを感じたら、ただちにすべての階の行先ボタンを押し、停止後、すみやかにエレベーターから降りてください。

3.万一、エレベーター内に閉じ込められてしまったらインターホンで通報してください。

無理に外へ出ることは禁物です。
インターホンで管理室へ通報してください。
エレベーター内は窒息の危険はまったくありませんので、あわてずに管理者の指示に従ってください。
管理者が不在の場合は、扉をたたき大声で外部の人に知らせ、エレベーター管理会社に連絡をとってもらってください。

4.停電になってもあわてずに、静かに待ちましょう。

走行中に停電になっても、停電灯が自動点灯します。
電源が復旧すれば再び正常に運行しますので、インターホンの指示に従い、静かにお待ちください。
停電が復旧したら、改めて行先ボタンを押してください。