このページの本文へ

より長く安心・安全・快適にエレベーターをご利用いただくために。
エレベーターリニューアルにも
“最適なタイミング”があります。

SCROLL

リニューアル実績約70,000台※の当社が
お客様に合った“最適なタイミング”での
リニューアルをご提案します。 ※2021年04月時点当社実績

エレベーターの法定耐用年数(税法上)は17年、
主要な装置の耐用年数は概ね20年です。
メンテナンスによる機能回復にも限界があり、
エレベーターの物理的劣化を完全に防ぐことはできません。
機器の劣化が進むにつれ、故障発生のリスクも増加します。
設置後20年を経過したエレベーターは、安全・安心・快適な
エレベーターに一新するリニューアルが必要となります。

“ビルの中のインフラ”であるエレベーター。
建物とその利用者の安全・安心を守るため、
地震や事故が発生するたびに
建築基準法は改定されてきました。
社会のエレベーターへの安全・安心に対するニーズ
確実に高まっています。

リニューアルを先送りにして機能維持のみの対応をすると
修理費用(費用①②)がかさむだけでなく、
高性能エレベーターの利用期間も短くなってしまいます。
最適なタイミングでのリニューアルを行うことで、
投資効果を最大化することが可能です。

お客様の大切なエレベーターだから。
設置後20年を過ぎたエレベーターは、
リニューアルをご検討ください。

過去に起きた地震や事故を経てエレベーターの安全基準が
大きく見直されました。

エレベーターの閉込めや故障・損傷抑止のための対策が
建築基準法令で新たに義務付けられています。

地震による具体的な被害例 地震による具体的な被害例

「エレベーター安全装置設置済マーク」の表示で、
利用者自身がエレベーターの安全性を確認できます。

2016年より国土交通省が、エレベーター所有者関係団体ならびに各都道府県等に要請した、既設エレベーターに対する「戸開走行保護装置」設置を含めた「エレベーターの安全確保の徹底」を受け、安全装置の設置が利用者にわかるように、エレベーター内にマークを表示する運用が始まっています。エレベーターの安全性を明確にすることで、安心して利用できる建物を利用者自身が選ぶことができます。

エレベーター安全装置設置済マーク(安全マーク)とは

扉開き走行防止 地震最寄駅階停止

お使いのエレベーターにより
最適なリニューアルプランをご紹介します。

ロープ式エレベーターをお使いのお客様へ

油圧式エレベーターをお使いのお客様へ

製品・ソリューションにご興味がある方

お電話でのお問い合わせはこちら

(故障対応等、緊急のご連絡については、お電話でお願いいたします。)

ページトップへ戻る