• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

ものしり博物館

エレベーターのしくみ

エレベーターの安全装置


ロープ式エレベーター 油圧式エレベーター エレベーターの安全装置
エレベーターはお年寄りから子供まで誰でも安心して利用していただける乗り物です。そのためエレベーターには色々な場合を想定して2重3重の安全装置が組み込まれています。

例えば…

エレベーターのかごは3本以上のロープで吊り下げられています。万が一、そのうちの2本が切れても1本で支えられるように設計されているのでとても安全です。
   
「万が一、ロープが切れたとしても…」   「非常止め」装置がガイドレールをつかみ、かごの降下を停止させます。   非常止め装置が動作せず、かごが滑り落ちたとしても、「緩衝器」が底部にぶつかるのを防ぎます。
エレベーターには、上記の安全装置を含めて、建築基準法で多くの安全装置の設置が定められています。

このページの先頭へ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.