このページの本文へ

ここから本文

施設・教育体制

三菱電機ビルテクノ
サービスのさまざまな
施設や
インフラ、
教育プログラムが、
私たちを支えています

教育センター

東京都小平市にある教育施設です。各種研修棟、研修寮、体育館、グラウンドを備え、新入社員から管理職まで、幅広い階層が様々な研修を受講するために全国から集まってくる、グループ社員にとってのホームグラウンドです。また、各地域にも研修施設を備え、技術・技能の更なる深掘りを行っています。

情報センター

全国8ヵ所に設置しているお客様の「安心の窓口」です。24時間・365日、ビル内の各設備を常に遠隔管理することにより、設備の異常信号やお客様の電話をキャッチすると、6,000人のエンジニアの中からお客様のビルに最も早く到着し的確に対応できるエンジニアを特定し急行させます。

物流・資材センター

全国8か所に設置した物流・資材センターには、エレベーターやエスカレーター、空調・冷熱設備をはじめ、ビル設備やシステムの様々な部品を保管しています。日頃のメンテナンスはもちろん、トラブル発生時には全国ネットの「部品検索システム」でサービス拠点や情報センターから在庫の有無を確認し、昼夜を問わずスピーディーに部品を供給しています。

ショールーム M’s station

お客様が「見て、触れて、実感できる体験型ショールーム」です。最新のビル設備やシステムなどをご覧いただきながら、デモンストレーションやシミュレーション体験を通じて、リニューアル、省エネ・セキュリティ対策などを確認できます。

自己研鑽

研修制度

教育センターでは、年間計画に基づき様々な研修が開催されています。グループ社員に対する教育カリキュラムも充実しており、受講者は教育設備や実機、教材を使いながら、業務に必要な知識を増やし、技術を習得していきます。全国から参加するグループ会社の仲間達と交流を深めながら、一人ひとりがプロフェッショナルを目指します。

グループ会社のフィールドエンジニアを支援する若年層基礎教育(例)

画面をピンチすると拡大できます。

技能オリンピック

三菱電機ビルテクノサービスとグループ会社から選抜されたエンジニア達が全国から結集し、日々研鑽している技術・技能を競い合う大会です。

品質月間

毎年11月は「品質月間」として、グループ全体で品質意識の高揚を図ります。お客様の声に耳を傾け、社員それぞれの立場・役割に応じた行動ができているかをしっかりと省みる1ヵ月です。「私の主張(論文)」の募集と優秀賞受賞者への表彰などを実施しています。

社会貢献活動

三菱電機ビルテクノサービスは、手の自由を失った世界各国の画家が、口や足に絵筆をとり丹精を込めて描いた絵画を展示する「絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち」を毎年、全国各地で開催しています。グループ会社からも、活動の趣旨に賛同する社員や家族が運営ボランティアとして参加し、活動を支えています。

ページトップへ戻る