• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

1194

1194読者のページ トラベル・スケッチ 成田 オフショット

「1194」読者のみなさまに限定で、本誌未掲載の写真やこぼれ話をご覧いただけます。 今回は、2020年冬号/Vol.167の「トラベル・スケッチ」で特集した「成田〜日本の空の玄関口 国際性と伝統が融和する都市」のオフショット集をお届けします。

<撮影 香川康之(アトリエ飯島)>

[掲載期限:2020年3月31日]


  • くぐるとご利益がある「総門」の十二支
成田山新勝寺の入口に立つ「総門」の蟇股(かえるまた=梁や桁の上に置かれる、輪郭が山形の部材)には、北面中央の「子」(写真)を起点に時計回りで十二支が彫られていて、自分の干支の下をくぐって参拝するとご利益があるそうです。(撮影協力/成田山新勝寺TEL.0476-22-2111)

このページの先頭へ

  • 前本堂「釈迦堂」は、今は厄除け祈祷所
大本堂左手にある「釈迦堂」は江戸末期の安政5(1858)年に建立。昭和43(1968)年に現在の大本堂が建立されるまでの約100年間、成田山の本堂でした。現在は厄除け祈願所としての役割を担っています。総欅造りで国の重要文化財。(撮影協力/同上)

このページの先頭へ

  • 密教の世界観を伝える「平和大塔」
真言密教の教えを象徴する「平和大塔」。1階には成田の歴史展、写経道場などがあり、2階の明王殿には大塔の御本尊不動明王、四大明王、昭和大曼荼羅、真言祖師行状図が奉安されています。また、3階の経蔵殿に不動明王を納仏し、永世、所願成就を祈願できます。(撮影協力/同上)

このページの先頭へ

  • お不動様の庭を散策できる「成田山公園」
境内の奥に広がる成田山公園。16万5000平方メートルの広大な敷地に文殊の池、竜樹の池、竜智の池の3つの池を巡るように造られた池泉回遊式の庭園があります。1周にかかる時間は約1時間。写真左にある建物は修行道場の洗心堂。(撮影協力/同上)

このページの先頭へ

  • 土産店がひしめく石畳風の参道
古くから栄えてきた成田山新勝寺の門前町の参道は、くねくねと曲がった石畳風の道。登録有形文化財に指定された木造の家屋などが残り、うなぎを焼く匂いやせんべいの醤油の香りが漂い、風情のある町歩きを楽しめます。

このページの先頭へ

  • うなぎの串打ちを店先で見学
うなぎ調理は「串打ち3年、裂き8年、焼きは一生」といわれています。うなぎの老舗「川豊本店」は、串打ちを5年以上かけて丁寧に修行します。この道50年以上のベテラン職人が若手を育て、絶品のうなぎを食べさせてくれます。(撮影協力/川豊本店 TEL.0476-22-2711)

このページの先頭へ

  • 成田山の精進料理をヒントに生まれた「栗羊羹」
雑穀などを扱う米穀業を営む創業者が、明治32(1899)年、成田山新勝寺の精進料理の甘味であった「栗羹」をヒントに、地元で採れた芝栗を使って日本で初めて製造したといわれる「栗羊羹」。上品な甘さで重量感もある羊羹の中に、大きな栗がぎっしり入って、食べ応え十分です。(撮影協力/なごみの米屋總本店 TEL.0476-22-1661)

このページの先頭へ

  • 270度の壁面パノラマビジョンが空の旅を映し出す
航空科学博物館は見て、触って、体験する、子どもから大人まで楽しめる日本初の航空専門の博物館。「パノラマビジョン」(写真)ではB747-400型機の8分の1サイズの大型可動模型と、壁面をスクリーンに見立てた270度の大型スクリーンに映し出される世界の風景が連動し、臨場感あふれる空の旅を紹介しています。(撮影協力/航空科学博物館 TEL.0479-78-0557)

このページの先頭へ

  • 成田空港の全景が見えるリアルなジオラマ
東棟に展示されている、800分の1サイズの成田空港のジオラマでは、南北にのびる滑走路や3つのターミナル、管制塔など成田空港の全景をリアルに再現しています(写真)。そのほか、空港の仕事や環境への取り組みを映像などで楽しく紹介するコーナーもあります。(撮影協力/同上)

このページの先頭へ

  • 航空機を眺めながら機内食風ランチ
展望レストラン「バルーン」で賞味できる機内食風のランチ。機内食をイメージした四角いお皿に、ハンバーグやサラダ、ライスなどが盛り付けられ、機内で食事をしている気分を味わえます。レストランは成田国際空港に離着陸する航空機を間近に眺められる絶好のロケーションにあります。(撮影協力/同上)

このページの先頭へ

  • 「成田ゆめ牧場」のハンドクリーム
冬になると、水仕事で手が荒れる――。過酷な牧場で働くスタッフの悩みから生まれたハンドクリームが「ゆめ牧場の手袋」。成田ゆめ牧場の牛乳を使用し、濃厚なテクスチャーで高い保湿効果が特徴。防腐剤や香料は一切使用していない無添加ハンドクリームなので肌が弱い人にも安心です。(撮影協力/成田ゆめ牧場 TEL.0476-96-1001)

このページの先頭へ

  • 朝焼けの「印旛沼」
成田の中心部から約30分も車を走らせると、千葉県内最大の湖沼・印旛沼があります。日の出の時間に訪れると、幻想的な朝焼けの風景が眺められ、カモやシラサギなど野鳥を観察することもできます。付近一帯は県立自然公園に指定され、遊歩道を散策できるようになっています。

このページの先頭へ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.