• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

For safe use エレベーターを安心してご利用いただくために

  • トップ
  • >
  • エレベーターを安心してご利用頂くために
エレベーターの正しい乗りかた 非常時・緊急時の対処法
  • 1. 押しボタンはていねいに取り扱いましょう!
押しボタンはていねいに取り扱いましょう! 傘の先端など、かたいもので乱暴に突いたり、たたいたりしますと故障の原因になります。

このページの先頭へ

  • 2. 用のないボタンは押さないようにしましょう!
用のないボタンは押さないようにしましょう! エレベーター内の行先ボタンやインターホンボタンのいたずら押しは、他の人の迷惑になりますので、おやめください。

このページの先頭へ

  • 3. 定員・積載量を守りましょう!
定員・積載量を守りましょう! 定員を超えて乗ることは事故の原因になります。

このページの先頭へ

  • 4. 扉には触れないようにしましょう!
扉には触れないようにしましょう! 扉が開く時、手を引き込まれる危険があります。
とくにお子さまには十分ご注意ください。

このページの先頭へ

  • 5. 静かに乗りましょう!
静かに乗りましょう! かごの中で暴れたり飛び跳ねたりすると、閉じ込められることがあります。
もしそのようなお子さまがいたら、ひとことご注意ください。

このページの先頭へ

  • 6. 小さなお子さまを一人で乗せないようにしましょう!
小さなお子さまを一人で乗せないようにしましょう! 小さなお子さまには必ず保護者の方が付き添ってください。
万一閉じ込められた場合、非常に危険です。
また、お子さまの思わぬ行動による事故も発生しています。

このページの先頭へ

  • 7. 水をこぼさないように注意しましょう!
水をこぼさないように注意しましょう! エレベーター内で水をこぼすと腐食、錆の原因になります。
また、敷居溝にゴミがつまると故障の原因になります。

このページの先頭へ

  • 8. 乗る時、降りる時、足元に十分気をつけましょう!
乗る時、降りる時、足元に十分気をつけましょう! 扉が開いた時、わずかな段差が生じる場合があります。
つまずいて転倒しないよう、乗り降りには十分気をつけてください。

このページの先頭へ

  • 9. 戸が閉まり始めたらムリに乗り込むのはやめましょう!
ムリに乗り込もうとすると、戸にぶつかったり、戸に挟まれたりして、ケガをする恐れがあります。

※かご内の「戸開きボタン」を押している間は、戸は開いています。
※戸が閉じつつあるときに、かご内の「戸開きボタン」を押すと戸は反転して開きます。

このページの先頭へ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.