• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

ここから本文

三菱エレベーターリニューアル Elemotion+

リニューアルメリット1 地震に強いエレベーターへ

地震のあとでもすばやく復旧

地震時エレベーター自動診断&復旧システム保守メニュー

地震で休止したエレベーターを自動で診断。異常がなければ運転を再開させ、地震時のエレベーター休止時間を短く抑えます。

ELE Quick
※最上階から最下階の高さが30mの場合。
※条件により実施できない場合があります。
※適用にはエレベーターの耐震対策が必要です。

本震の前に利用者を救出する
(3段設定リスタート機能付き)

P波センサ付地震時管制運転EER-P新法対応

P波(初期微動)センサとS波(本震)センサ、そして安全装置が連携して、地震の際の閉じ込めを最小限にします。

いちだんと揺れに強い構造へ

エレベーターの耐震対策新法対応

建物の構造やエレベーターの設置方法など、1台1台の据付状況などを実測・確認。最適なご提案と施工でエレベーターの耐震性を強化します。

※上記の対策は一例であり、設置状況により内容が異なります。
※対応済みの対策であっても基準に満たなければ、対策が必要となる場合があります。

リニューアルメリット2 先進のメンテナンスで得られる安心

緊急時に顔が見える安心対応

安心ディスプレイ保守メニュー

かご内に「安心ディスプレイ」を設置。緊急時は情報センターの受信員を表示し、利用者の不安感を和らげます。ふだんは、犯罪・いたずらの防止効果を高めるエレベーター内カメラ画像などを表示します。

情報センターから閉じ込めを救出

遠隔閉じ込め救出保守メニュー

万が一、閉じ込めが発生した場合、エレベーターから情報センターに自動通報します。インターホンとカメラで状況を確認し、遠隔操作で救出。同時にエンジニアも出動します。
※弊社によるかご内カメラ設置が必要です。

遠隔点検・遠隔診断による二重の安心

遠隔点検・遠隔診断保守メニュー

エレベーターの運行状態を24時間・365日連続して点検し、 故障に至る前の変調を情報センターに通報する「遠隔点検」 と、ブレーキなどの主要機器や管制運転機能を自動的に点検する「遠隔診断」で、故障の発生を未然に防止します。

リニューアルメリット3 戸開走行対策と停電対策を標準装備

万一の戸開走行を自動制止

戸開走行保護装置 UCMP新法対応大臣認定取得

新安全基準に対応した、戸開走行保護装置を採用。ドアが開いたままエレベーターが昇降しないよう、自動的にエレベーターを制止します。UCMP回路と二重系ブレーキとの連携で、故障時にも安全を守ります。

停電時の閉じ込めを防止

停電時自動着床装置 MELD新法対応

停電などでエレベーターの中に人が閉じ込められた場合、自動的にエレベーターの状態を確認。バッテリーですみやかに最寄階まで自動運転し、ドアを開けます。


※MELDは法で定められた安全回路や機器の保護回路が作動した場合には救出運転を行いません。
※電源が復旧すれば自動的に平常運転に戻ります。

保守メニュー

弊社とのメンテナンス契約が必要な項目です

新法対応

建築基準法施行令の一部改正(2009年9月28日または2014年4月1日施行)に対応

※保守メニューは保守契約の条件によって適用可否が異なります。詳しくは営業担当にご確認ください。

もっと安心・安全に のページへ もっと高性能・高機能に のページへ もっと快適に のページへ
Elemotion+[ZERO] のページへ リニューアルパッケージ のページへ
資料が必要な方、資料請求ページはこちら

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.