• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

Building-facilities ビル設備

三菱エレベーターリモートメンテナンス契約「エレファースト・アイ」

サービス概要 基本サービス フレキシブルメニュー


ファーストクラスの「安心」と「快適」をご提供する充実の基本サービス。

高度な予防保全を実現する「遠隔点検・遠隔診断」や万が一の時も最短時間で利用者を救出する「遠隔閉込め救出」、利用者の安全・安心に役立つ情報を表示する「安心ディスプレイ」など、基本サービスでは高品質・高機能が実感できるサービスをご提供します。

  • リモート点検システム
  • 遠隔点検
遠隔点検

エレベーターの通常運行時に24時間・365日連続して遠隔点検を行います。
故障に至る前の変調も見逃さず、情報センターに自動通報。事前に対応できるので、故障発生を未然に防ぐことができます。



  • 遠隔診断

通常運行中とは異なる状態を意図的につくり出して、エレベーターの診断を行うのが遠隔診断。
深夜などエレベーター利用の少ない時間帯を設定し“診断運転モード”へと自動的に切り替えて、高精度・高密度の点検を無人で行ないます。
*遠隔診断中でもエレベーターは通常通りご利用いただけます。

遠隔診断の内容例へ


このページの先頭へ

  • 専門技術者
専門技術者

先進のリモート点検システムに加え、専門技術者が定期的に訪問し、より細やかな点検と手入れ保全作業などを行ないます。
事前のデータ解析により、エレベーターの状態を十分に把握したうえで、ポイントを絞った高精度な点検・手入れ保全を行います。
万が一、故障やトラブルが生じた場合は、24時間いつでも駆けつけて対応します。


このページの先頭へ

  • 遠隔閉込め救出
遠隔閉込め救出

閉込め発生時、約10分で遠隔救出。

万が一、閉じ込めが発生した場合は、エレベーターから情報センターに自動通報。エレベーター内のインターホンとカメラで状況を確認し、エレベーターを情報センターから遠隔操作。約10分*で利用者を救出します。
また同時にエンニジアも出動しますので、さらに安心です。

* 情報センターでの受信から音声による救出確認までの時間。
* 遠隔閉じ込め救出は条件により実施できない場合もあります。


このページの先頭へ

  • 地震時エレベーター自動診断&復旧システム「ELE-Quick」
ELE-Quick

地震後約30分*で、運転再開。

地震で休止したエレベーターを自動で診断。異常がなければ自動復旧させ、 地震時のエレベーター休止時間を短く抑えます。

*最上階から最下階の高さが30mの場合。
*ELE-Quickは、条件により実施できない場合もあります。

遠隔診断の内容例へ


このページの先頭へ

  • 安心ディスプレイ
安心ディスプレイ

万が一の閉じ込め時には、インターホンによる音声通話に加えてエレベーター内のディスプレイに情報センター受信員を表示*し、利用者の不安を和らげます。
エレベーター内のカメラ画像を表示して犯罪・いたずらの抑止効果を高めたり、正しい乗り方や非常時の案内を表示して利用者の安全・安心を高めることも可能です。
さらに、今日の雑学や風景画など、さまざまな情報をご提供します。

画像サンプル

* 閉込め信号を当社が受信した場合のみ。
※ 掲載した画像はイメージです。


このページの先頭へ

  • 快適BGM
快適BGM

インターホンスピーカーを利用して耳にやさしい音楽をご提供します。
エレベーター内のリラックス効果を高めます。



このページの先頭へ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.