• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

Building-facilities ビル設備

三菱油圧エレベーターリニューアル「エレ・ファイン」

製品概要・リニューアルメニュー 標準仕様 もっときれいに
もっと使いやすく もっと安心に リニューアルの必要性


エレベーターをひときわ安全な移動空間に。

<新法対応>
建築基準法施行令の一部改正(2009年9月28日施行)に対応
詳しくは営業担当にご確認ください。

  • 災害時管制機能
  • 停電時でも運転できて安心<新法対応>
    自家発時管制運転OEPS

停電時に自家用発電機の容量に見合った台数のエレベーターを選んで運転します。(自家発電設備は別途工事)

※建築基準法施行令の一部改正(2009年9月28日施行)にて、P波センサ付地震時管制運転に「予備電源」を設けることが義務づけられています。OEPSはこの「予備電源」の機能を有しています。また、エレベーターのリニューアルにおいても、確認申請が必要となる場合については、本装置(またはM E L D)の設置が義務づけられています。詳しくは、当社担当者にお問い合わせください。

  • 避難階へ迅速に直行する
    火災時管制運転 FER

万が一、火災が発生した場合、エレベーターを避難階へ直行させ、乗客の迅速な避難を促し、閉込めを防ぎます。また災害時のエレベーターの運転を休止し、二次災害を防止します。

※ディフェンスドア適用時は、本装置の取付も必要です。

  • 保護機能
  • 短工期で防火設備にリニューアルする
    ディフェンスドア<大臣認定取得>

ドアそのものがすぐれた遮煙性能を発揮する乗場ドアです。既設の三方枠や敷居を再利用する短工期リニューアルで、建築基準法に対応できます。乗場のデザインを損なわず、ドアの開閉も静かでスムーズです。

〈ご採用にあたってのご注意〉
●自動火災報知設備は設置義務の無い建物であっても必ず設けてください。
●遮煙乗場ドア設置階の乗降ロビーには必ず火災感知機または煙感知器を設置し、火災警報盤を介して火報信号をエレベーター制御盤に支給してください。
●既設三方枠の形状や設置環境、据付状態によっては既設の三方枠および敷居を再利用できない場合があります。
●乗場ドア等の取替えが必要となります。

*:2000年6月に施行された改正建築基準法により、エレベーターの昇降路の防火区画に「遮煙性能」を有する防火設備の設置が義務づけられました。

  • ドアセンサ機能
  • 戸閉時のはさまれを防止する
    ホールモーションセンサ〈3D〉

近赤外線利用の反射型光電装置により、閉じかけたドアに近づく乗客や荷物を検知。乗場からのはさまれを防ぎます。

  • セキュリティー機能
  • 人の出入りを制限できて安心
    暗証式シークレットコール

あらかじめ特定の階に暗証番号を設定しておくことで、その番号を知っている人だけがかご呼びの登録をすることができます。設定後の暗証番号の変更も可能。特定の階への部外者の出入りを制限したいときに最適です。

※設定できる暗証階は16階床までです。
※緊急時には呼び登録制限階に停止する場合があります。

  • 万が一のときに役立つ
    防犯警報装置

かご内に設けたボタンを操作することにより、かごのブザーを鳴動し、各階強制停止運転を行ないます。


このページの先頭へ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.