• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

Building-facilities ビル設備

三菱油圧エレベーターリニューアル「エレ・ファイン」(分割改修)

製品概要・リニューアルメニュー 標準仕様 もっときれいに
もっと使いやすく もっと安心に リニューアルの必要性


最新のロープ式エレベーターへの
リニューアルは、制御・駆動部を変える。もうそれだけ。

エレ・ファイン エレベータ・リニューアルの課題をクリアにするために生まれました。

ご存知ですか。エレベーターには、油圧ジャッキによって駆動する「油圧式」と、モーター駆動による「ロープ式」があることを。もし、お客さまのマンションやビルのエレベーターに対して、「動きが遅い」「電気代がかかる」「乗り降りのときに、しばしば段差がある」「乗り心地がよくない」といったことを感じられているとしたら。
それは、油圧式だからなのかもしれません。しかし、ロープ式へリニューアルするにも、工期やコストが問題になってくるでしょう。そこで開発したのが、制御・駆動部だけを変える新発想のエレベーター・リニューアル<エレ・ファイン>。
そのメリットをどうぞお確かめください。
そして、エレベーターを元気にするリニューアルを、ぜひご検討ください。
※本商品は既設昇降路の状況により、適用できない場合がございます。
  詳しくは弊社担当者までお問合せ願います。

油圧式からロープ式へ 〈エレ・ファイン〉なら

短工期 連続休止7〜10日

既設の油圧式エレベーターを完全撤去し、ロープ式に改修するこれまでの方式に比べ、工期を大幅に短縮。
利用する方にご迷惑をおかけする期間を、最小限に抑えることができます。

低コスト 既設のかご室・乗場などを利用

乗場やかご室などの既存機器を利用することで、一括改修に比べ、リニューアル工事費用を大きく軽減することができます。

環境負荷低減 廃棄物重量60%削減

既設の油圧式エレベーターの機器をすべて撤去した場合に対して、重量比で廃棄物をほぼ半減。環境への負荷軽減につながります。

スペース有効利用 機械室が不要

これまであった機械室は不要になるので、そのスペースを有効利用できます。
※機械室の用途は、建物の確認申請によって、限定される場合があります。

省エネ 最新のロープ式エレベーターは、モーターの駆動効率が高く、消費電力を大幅に抑えることができます。

※1ヵ月あたりの消費電力:油圧式 約530KWh、ロープ式 約180KWhの場合。電気料金目安単価:22円/KWh

※当社従来品比(定員9名、分速45m、6箇所停止)

連続休止7〜10日で、最新のロープ式 機械室レス・エレベーターへ。
お客様の要望に合わせてグレードアップも可能な、スマートリニューアル。
それが、<エレ・ファイン>。

最新のロープ式機械室レス・エレベーター

標準仕様について、詳しくはこちらから

資料が必要な方、資料請求ページはこちら


本コンテンツをご覧頂くためには「Windows Media Player」が必要です。
お持ちでない方は、こちらからダウンロードできます。
Windows Media Player

このページの先頭へ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.