• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

Building-facilities ビル設備

ビル設備運用システム&プランニング「Facima」

サービス概要 ビル設備運用システム ビル設備運用サポート

メーカーを問わないオープン化対応で、ビル設備を一括管理。

ラインアップ強化で、小規模無人ビルから大規模ビルまで対応可能

ラインアップ図

各サポートのラインアップ

このページの先頭へ

「監視・制御」と「見える化」の両面から、ビルの省エネを強化します。

独自の設備監視・制御に加えて、エネルギーの見える化をさらに強化。
使用量や使用傾向を、誰にでも見やすく、リアルタイムにグラフィック表示。
先進の技術を駆使し、設備運用の効率化を図ります。

パネル表示例
touch BA

省エネ支援機能

見やすく、わかりやすいシンプルなグラフィック表示を実現。いま現在のエネルギー使用量や、エネルギーの使用傾向をリアルタイムに把握できるので、誰もが省エネを意識することができます。また、ニーズやご利用シーンに応じて、画面のカスタマイズも可能です。
画面表示例
リアルタイムで“見える化"
エネルギー使用量の瞬時値をリアルタイムに見える化し、シンプルにグラフィック表示。デジタルサイネージとしても利用できます。
使用傾向を視覚的に把握
過去のデータと比較表示して、エネルギーの使用傾向を視覚的に把握することが可能です。
ローテション例
『大画面ローテーション切り替え』

一定時間で表示内容を自動的に切り替えて、エネルギー使用量の瞬時値を表示します。デジタルサイネージなど大画面での表示に最適です。

Lite/LiteII touch BA

電力デマンド監視・制御

30分毎の電力を監視し、契約電力やお客様の設定値(目標電力)に近づくと予測された場合にデマンド警報を発生させ、節電を促します。設定された電力を超えないように設備を遮断するなどの自動制御も行うことができます。

監視・制御画面例
電力デマンド監視画面
現時点での使用電力や30分間の予測使用電力をグラフで分かりやすく表示。目標電力や契約電力を超えることが予測される場合には、予め設定した設備を遮断するなどの自動制御も可能。
『目標電力のスケジュール制御』

お客様にて設定していただく目標電力をスケジュールにて動的に変化させることが可能です。節電要請への対応が可能です。電力料金が高い時間帯は、上限値を下げて電力料金の支出を抑えるなど、柔軟な対応が可能です。

目標電力のグラフ例
『デマンドローテーション』
デマンド制御の優先順位をローテーションできます。オフィスビルなどで、制御の優先順位をつけることが難しい場合などに有効な機能です。不公平さを無くし、より快適な環境を作ることができます。 デマンド制御例
touch BA

BEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム)機能

ビル全体やテナント単位でのエネルギー管理と課金が可能。省エネはもちろん、ビル全体を通じた運営の効率化も図ります。円グラフなど用途に応じたグラフ表示を可能にし、各種エネルギー使用量の認識や省エネ節電の分析にお役立ていただけます。

エネルギー管理機能
建物の設備機器のデータを収集し、グラフを表示する機能です。テナントごとのエネルギー使用状況、設備機器の運転状況を視覚的に把握でき、効率的にエネルーを使用する事が可能になります。
テナント管理機能
対象のテナント情報を登録・管理し、中央監視で収集した計量データ(電気、水、ガス等)をもとに課金処理を行います。また、請求書の作成・発行も可能です。
設備管理機能
設備の稼働情報、トラブル、警報発生情報、修繕情報など設備に関するあらゆる情報を一元管理。ビル内設備の保全業務を支援します。
テナントサービス「見える化」機能
テナント毎に設備の状態表示や操作、スケジュール延長が可能です。さらに、お知らせメッセージや環境情報も表示できます。
  • 見える化機能例
  • 見える化機能例

システム機能

名称 概要 BA touch LiteII Lite
スケジュール制御 あらかじめ設定された時刻パターンに基づき、設備の起動や停止、設定値の変更が可能です。
機器連動制御 ある管理点の状態変化、警報発生等を条件として、別の機器を指定した状態に動作させます。
電力デマンド監視・制御 〈電力デマンド監視〉
○30分インターバルの使用電力を監視し、デマンド予測をグラフに表示します。
○目標電力量の超過が予測された時は警報を発します。
〈電力デマンド制御〉
○デマンド予測が目標電力量を超過しないよう負荷の投入/遮断を行います。
○目標電力は電力デマンド機能を停止することなくスケジュールで動的に変化させることができます。
○電力デマンド制御であらかじめ設定したレベル上位の設備の遮断順序をローテーションすることができます。
入退室管理システムとの接続 入退室管理システムとの連携により、最終退室(館)時の照明、空調の消し忘れを防止します。
パッケージエアコンとの接続 三菱空調コントローラ AE-200J/50Jとの接続により、キメ細やかな空調管理、制御が可能です。 - -
日報・月報・年報表示/出力 計測値や積算値を日報・月報・年報データとして蓄積し、一定の書式で表示/出力します。また、最大値・最小値等を表示します。
※1

※2
-
運転時間・起動回数積算 機器の運転時間、起動回数を積算し、信号の詳細画面にて表示します。また上限値を超えた時は警報を発します。 - -
グラフィック画面表示 管理点の情報をグラフィック画面に表示します。また、省エネ支援機能として使用エネルギーを見える化します。 - -
信号検索表示 システムのすべての管理点に対し、名称、状態、制御内容など、様々な条件で検索し表示することが可能です。表示されている管理点に対し、個別または一括で操作が可能です。 - -
重要機器
3アクション
操作機能
重要機器の発停操作時は、3アクション操作(操作−確認−実行)を行います。 - -
履歴表示 状態変化や警報発生/復旧の履歴、ユーザ操作の履歴などを時系列で表示することが可能です。 - -
トレンド表示/出力 計測値や積算値、機器の運転状態を収集し、時系列で一定時間蓄積し、グラフ表示します。収集データに対して四則演算、フィルタリングなどを行うことも可能です。
※1
- -
自動検針表示/出力 計量値や運転時間を自動検針データとして蓄積し、一定の書式で出力します。
※1
- -
ユーザごとの
操作範囲制限
各ユーザに対し操作範囲を制限することが可能です。 - -
エネルギー管理機能 建物の設備機器のエネルギーデータを収集・集計し、円グラフや相関グラフなどに表示します。 - -
BEMS
(ビルエネルギー
マネジメントシステ
ム)機能
ビル全体やテナント単位でのエネルギー管理と課金が可能です。
<エネルギー管理機能>
○テナント毎のエネルギー使用状況や、設備機器の運転状況を確認することができます。
<テナント管理機能>
○電気・水道・ガスなどの積算メータの検針値や運転時間データを自動で収集し、 一定時間の使用量を算出します。
また、収集したデータを基にテナント毎に今月の請求金額を算出します。
<設備管理機能>
○設備の稼働状況を管理し、設備の機能維持や保全計画を立てることができます。
- -
テナントサービス機能 中央監視システムにて管理しているテナント毎のエネルギー情報の表示、設備毎の状態表示や操作、設備の運転スケジュール延長申請・履歴表示が可能な機能です。
※別途お客様にて中央監視システムへ接続可能なネットワークをご用意いただく必要があります。
- -
  • ※1 監視PCを接続したときのみ出力可能
  • ※2 監視PCを接続したときのみ可能

このページの先頭へ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.