• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

News Release ニュースリリース

ニュースリリース

2009年12月22日
  • エスカレーター欄干照明のLED化工事の販売を開始− 商業ビルなどの省エネ改善に最適、蛍光管の約50%の消費電力

ビルを、まるごと、心地よくする − 三菱電機ビルテクノサービス株式会社(本社:東京都千代田区、社長:佐藤秀一)は、2010年に施行される改正省エネ法に対応し、ビルの省エネ改善対策商品として、従来の蛍光管の約50%の消費電力であるLEDを光源に用いたエスカレーター欄干照明を開発し、2010年1月15日から販売を開始します。

2010年から施行される改正省エネ法の対象となるビルでは、エネルギー使用状況を計測・記録し、それを合算・集計して「定期報告書」「中長期計画書」「管理標準」などを作成することが義務付けられており、さらに中長期計画書に則り省エネ改善が求められます。一方、ビル内で消費するエネルギーの内、照明は大きな比率を占めており、照明の省エネ改善は目標達成のために重要な課題となっています。

今まで、エスカレーター欄干照明は、内側板がガラスタイプのエスカレーターに付けられており、デパートやホテル、遊技場など商業施設にて主に採用されています。今回、従来使用していた蛍光管に代わる新たな光源として、蛍光管に比べて約50%の消費電力であるLED照明を用いることで、階高4,000mmのエスカレーター1台で年間約50%のCO2排出量を減らすことができます。

さらに、LED照明は、蛍光管の約10倍の長寿命のためランニングコストが大幅に削減できます。また、エスカレーター欄干照明のLED化の工事は、1台あたり約5時間の短工期となっています。


◆エスカレーター欄干照明LED化のメリット

(1)LED照明は、従来の蛍光管に比べて約50%の消費電力。階高4,000mmのエスカレーター1台の欄干照明をLED化することにより、年間約50%のCO2排出量を減らすことができます(当社従前標準品比)。

(2)使用するLED照明の寿命は、蛍光管の約10倍(約4万時間)の長寿命です(1日10時間点灯した場合の当社従前標準品比)。従来の蛍光管では年1回程度の交換が必要でしたが、LED照明は11年に一回程度の交換で済み、ランニングコストを大幅に削減できます。

(3)従来の照明は、蛍光管の継ぎ目のソケット部分で照明が途切れていましたが、今回開発のLEDでは上部から下部まで連続した照明が実現でき、意匠性が向上します。

(4)蛍光管のように廃棄時の環境汚染も発生しません。

(5)蛍光管の撤去、LED照明の取り付け、電源ユニットの設置など、僅か5時間程度の短工期での工事が可能です(階高4,000mmの場合)

(6)その他
 ・光の色は、従来の蛍光管と同じ昼光色でチラつきがなく、安定した明るさを保ちます。
 ・蛍光管に比べ衝撃に強く、割れることがありません。


◆対象機種

当初、対象となるエスカレーターは、当社の管理するエスカレーター(約24,000台)の中でも主流のJ形エスカレーター(約14,000台)の内、エスカレーター欄干照明が既に付いている約6,800台です。今後、他の機種への拡大を進めていきます。


◆エスカレーター欄干照明のLED化工事の概要 

 
販売価格 50万円から(消費税別、材料費、工事費含む)
※仕様、施工条件等によって異なります。 
販売目標 300台(初年度)
販売開始 2010年1月15日  
※工事開始は、2010年4月から

エスカレーター欄干照明のLED化工事の施工例


以上
  • お客様からのお問い合わせ先
    三菱電機ビルテクノサービス株式会社
    広報室 担当 : 長谷河、宮本
    TEL:03−5810−5280
Adobe PDFでご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
無料でダウンロードできます。
ニュースリリース一覧へ戻る
ページトップへ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.