• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

News Release ニュースリリース

ニュースリリース

2012年07月03日
  • ビルの消費電力量を監視する「Facima BA-system」との連携
    電力ピーク時のエレベーターの消費電力量を20%削減する新オプションの発売

三菱電機株式会社と三菱電機ビルテクノサービス株式会社は、三菱オーダーメード・エレベーター「NEXCUBE(ネクスキューブ)」の省エネ運転機能を強化する新オプションを7月4日に発売します。
三菱ビル設備オープン統合システム「Facima BA-system(ファシーマ・ビー・エー・システム)」との連携により、ビル全体の電力使用ピーク時間帯にエレベーターの消費電力量を最大20%削減※1します。
※1:エレベーター6台・20階床の一般的なオフィスビルで、ビル全体の消費電力量がピークとなる13時〜16時のエレベーターに対するシミュレーション結果。

省エネ運転


◆新オプションの特徴

1.ビルの消費電力量の監視により、エレベーターを省エネ運転
「Facima BA-system」との連携により、ビル全体の消費電力が設定値を上回ると予測された場合、
 エレベーターに省エネ運転を指令

指令により、運転モードを“デマンド制御モード”へ切り替え※2
“デマンド制御モード”運転時でも、平均待ち時間の増加は、4秒程度に抑制
 ※2:運転モード切り替えは、PC式昇降機監視盤「MITEMAS(ミテマス)」からも可能

2.設置済みエレベーターにも適用可能
新規設置予定のエレベーターだけでなく、設置済みのエレベーターにも適用可能であり、
 利用中のビルの節電対策の一つとして導入が可能
 



◆発売の概要

オプション名

適応対象製品

 希望小売価格

発売日

省電力運転
(デマンド制御)

オーダーメード・エレベーター
『NEXCUBE』 ΣAI-2200C

 個別見積り

7月4日

 



以上
  • 報道関係からのお問い合わせ先
    広報室 TEL:03−5810−5280
  • お客様からのお問い合わせ先
    昇降機事業本部 業務部 TEL:03−3802−9532
Adobe PDFでご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
無料でダウンロードできます。
ニュースリリース一覧へ戻る
ページトップへ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.