• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

News Release ニュースリリース

ニュースリリース

2005年07月20日
三菱電機ビルテクノサービス株式会社
  • 欄干意匠の短期間更新工事を標準メニュー化
    エスカレーターリニューアルの戦略商品「ESMOTION」を発売
 “ビルを、まるごと、心地よくする”ー三菱電機ビルテクノサービス株式会社(本社:東京都千代田区、社長:岡部季生)では、減価償却資産としての耐用年数15年を超えるエスカレーターを対象に、安全性の向上や欄干の意匠変更などを短工期で実現するエスカレーターリニューアルの戦略商品「ESMOTION(エスモーション)」を7月25日から販売開始します。 このエスモーションは、最新の制御、駆動方式への部分改修から既設のトラスを残しての準一括改修、さらには完全一括改修まで5つのメニューを用意しています。 特に、流通施設から要望の多い欄干意匠リニューアルの短期間工法を開発し標準メニューに加えました。36時間の工事3回の計108時間という短工期を実現しています。

市場背景

 当社の管理するエスカレーター約2万3,000台の内、設置15年以上のリニューアル対象のものは約9,300台あり、今後5年間で約10,000台に達します。そして、これらエスカレーターのリニューアルは、設置施設の営業時間との調整や利用者の動線確保などの点から工期の短縮化が最重要課題となっています。当社では、新工法を用いて15台のエスカレーターを業界最短の30日間で入れ替える工事を実現するなど、リニューアル技術の向上や開発に取り組んできました。

ESMOTION(エスモーション)の特長

1. 顧客ニーズに合わせエスカレーターのリニューアルを体系化
従来型駆動機(ウォームギア)から新型駆動機(ヘリカルギア)への交換を基本メニュー(MOTION1)とし、約20%の省エネを実現するとともに、ステップやスカートガード、移動手すりの改修、欄干意匠のリニューアルなどを予算や工期に応じて自由に選択できます。分割改修から一括改修まで5つのメニューを体系化し、お客様が選択しやすくしています。
2. 短期施工を実現
最新の制御、駆動方式へ改修するMOTION1の場合、連続停止は最大36時間の短工期を実現しています。店舗などでは定休日をはさんで閉店から翌々日の開店まででの作業完了も可能で、業務への影響を極力少なくしています。
3. 欄干意匠リニューアルの短期間工法を開発し標準メニュー化
デザインをすっきりさせ施設のイメージアップに効果的な欄干意匠リニューアルは、従来より短期間工法の開発に取り組んでおり、この度標準メニューに組み込みました(MOTION3)。制御装置、駆動機などに欄干意匠も合わせて36時間の工事3回の計108時間でのリニューアルを可能にしました。
4. 最新の安全装置に変更
対象となるエスカレーターの中には、現在の安全装置の設置基準(※)を満たしていないものも含まれています。今回のメニューでは、最新の安全装置に変更し、より安全な運行をサポートします。
※設置当時の安全基準を満たしている機種は、現在使用しても法的には問題ありませんが、現行法規への対応を推奨します。


ESMOTION(エスモーション)の概要
 
分割改修 MOTION1
(基本メニュー)
最新制御装置、駆動機(ヘリカルギア)への交換による約20%の消費電力削減と安全装置の標準装備化を行なう基本メニュー
MOTION2 基本メニューに加えて、ステップ、スカートガードや移動手すりなどの目に見える部分をリフレッシュするメニュー
MOTION3 基本メニューに、デザインを一新する欄干意匠リニューアルを加えたメニュー
一括改修 MOTION4 トラス部以外を最新機器に一括改修するメニュー
MOTION5 完全撤去し、最新機器に一括改修するメニュー


価格(標準工事価格)

基本メニューMOTION1の場合 370万円?
・屋内型の標準的なエスカレーター(階高4000mm)
・建築付帯工事費は含まず

販売計画

初年度 販売200台

写真

 


以上
  • 報道関係からのお問い合わせ先
    三菱電機ビルテクノサービス株式会社
    広報室 担当:宮本、長谷河
    TEL:03-3201-8060
Adobe PDFでご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
無料でダウンロードできます。
ニュースリリース一覧へ戻る
ページトップへ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.