• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

News Release ニュースリリース

ニュースリリース

2011年02月22日
  • 省エネ時代のエレベーターリニューアル
    「Elemotion+(エレモーション・プラス)」発売 −安心・安全もさらに向上−

商品の詳細はこちら⇒

“ビルを、まるごと、心地よくする”−三菱電機ビルテクノサービス株式会社(社長:石川正美)は、省エネ性に優れたリニューアル専用エレベーター「Elemotion+(エレモーション・プラス)」 を2011年2月25日から発売します※1。
※1:工事開始が2011年6月以降の案件を対象に発売
PM(永久磁石:Permanent Magnetic)モーターを採用した新型ギアレス巻上機や、LED照明を用いた天井を標準装備し、消費電力を格段に低減させることができます。
さらに、戸開走行保護装置(大臣認定取得)や様々なドアセンサを設置することで、安心・安全を一層高めることができます。
Elemotion+(エレモーション・プラス)」は、必要なところからムダなくムリなくグレードアップできるよう、5つのリニューアルプランを用意。建物の目的・用途、予算などに応じて、最適なプランをお選びいただけます。

 

img2.gif

新型ギアレス巻上機

 

LEDデラックス天井


◆エレベーターのリニューアル市場と「Elemotion+(エレモーション・プラス)」の販売戦略

三菱電機ビルテクノサービスでは、業界に先駆けて2001年にリニューアル専用のエレベーターを三菱電機と共同で開発。「ELEMOTION(エレモーション)」の名称でリニューアル事業を展開し、これまで約1万7千台の改修を行ってきました。
一方で、これまでに培った実績やノウハウをもとに、昨今特に社会全体の強いニーズとなっている「省エネ」や「安心・安全」を実現できるリニューアル商品の開発を三菱電機とともに積み重ね、「ELEMOTION(エレモーション)」のメニュー体系を踏襲した新戦略商品として「Elemotion+(エレモーション・プラス)」を市場投入するにいたりました。
当社は設置後20年以上を経過している三菱電機製のロープ式標準形エレベーター約4万5千台に対して、最新の「省エネ」「安心・安全」性能を有するエレベーターへのリニューアルを積極的に働きかけていきます。なお、初年度(2011年度)の販売目標は3千台です。


◆「Elemotion+(エレモーション・プラス)」の特長

1.大幅な省エネを実現

(1)高い走行性能と省エネ性を両立する新型ギアレス巻上機
PM(永久磁石:Permanent Magnetic)モーターを採用した新型ギアレス巻上機を用いることで設置から20年が経過した標準形エレベーターの場合、リニューアル前と比べて消費電力を最大で約60%削減できます※2
※2:設置後20年経過の三菱電機製標準エレベーターとの比較

(2)LED照明を用いた天井を標準装備
インテリア性を高めるばかりでなく、従来の円形蛍光灯と比べ、発光面積を50%アップ、消費電力を約50%削減できます。さらにランプの寿命も約3.3倍と大幅に向上します。

(3)かご呼び取り消し機能を標準装備
行先ボタンを間違えて押してしまった場合に便利な機能。ムダなかごの停止を防ぎます。

 

2.安心・安全を高める機能を多数装備

(1)新しい安全基準に対応
2009年9月に改正された建築基準法施行令に対応した「戸開走行保護装置」「地震時管制運転装置」「予備電源」を標準で装備※3
※3:「戸開走行保護装置」は巻上機を取替える場合のみ装備

(2)新しい耐震基準に対応
耐震設計・施工指針(2009年度版)に対応します。

(3)様々なドアセンサを装備
・閉まりかけたドアに近づくと触れる前に反転する「マルチビームドアセンサ」、開閉中に何かがはさまった場合に自動的に反転する「ドアロードディテクタ」を標準装備。
・指や紐など細いものを検知し引き込まれを防ぐ「ラインシグナルドアセンサ」、「気配りドア」、乗場での安全性をさらに高める「ホールモーションセンサ」などをオプション装備。


3.インテリア性や使いやすさもさらに進化
LED照明を用いた天井に加え、お好みに応じて好きな照明板を自由に組み合わせることができるフレキシブル天井も選ぶことができます。
また、視認性の高い「液晶インジケーター」も標準装備しています。


4.お客様のニーズにあわせて、ムダなくムリなく、環境にやさしいリニューアル
建物の目的・用途、予算などに応じて、必要なところからムダなくムリなくリニューアルできるよう、従来のメニュー体系を踏襲した5つのリニューアルプランを用意しました。使えるところはそのまま活用することで、資源のムダをなくす、環境にやさしいリニューアルです。

Motion1

制御機器とかご・乗場の操作盤など必要最小限の改修により性能アップを図ります。これだけでも乗り心地やインテリア性を向上させることができます。

PMモーターを採用した新型ギアレス巻上機に改修します。4

Motion2

Motion1に加えて、天井を新しくします。

Motion3

制御機器と乗場についてはMotion1と同様に、かご室はまるごと新しいものに取り替えてイメージアップを図ります。

Motion4

Motion3に加えて、乗場ドアも取り替えます。

Motion5

Motion4に加えて、かご枠などの見えない部分の機器も交換し、かご室の形状やかご内操作盤の取付位置の変更なども可能です。最新のエレベーターに生まれ変わります。

※4:Motion1〜4は、現在ご使用の巻上機を流用して巻上モーターを更新するリニューアルも可能です。但し、その場合は戸開走行保護装置は設置できません。



◆「Elemotion+(エレモーション・プラス)」の価格
積載量600kg、速度60m/min、8箇所停止のエレベーターに、PMモーターを採用した新型ギアレス巻上機とLED天井を用いたMotion2を適用した場合の参考価格:900万円程度(消費税別、建築工事他付帯費用を除く)


◆「Elemotion+(エレモーション・プラス)」の対象機種
設置後20年以上を経過している三菱電機製のロープ式標準形エレベーター(積載量:1,000kg、速度:105m/min以下)
全国で約4万5千台


◆販売目標
初年度(2011年度) 3千台


PM(永久磁石:Permanent Magnetic)モーターを採用した新型ギアレス巻上機

LEDデラックス天井


以上
  • 報道関係からのお問い合わせ先
    広報室 担当 : 宮本、佐藤 TEL:03−5810−5280
Adobe PDFでご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
無料でダウンロードできます。
ニュースリリース一覧へ戻る
ページトップへ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.