• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

News Release ニュースリリース

ニュースリリース

2010年07月27日
  • 九州支社発信

「M'sサテライト九州」開設−九州のお客様に「セキュリティ」「省エネ」「安心・安全」を見て、触れて、実感していただけるショールーム

ビルを、まるごと、心地よくする”−三菱電機ビルテクノサービス株式会社九州支社(福岡市博多区住吉1-2-25キャナルシティビジネスセンター内、支社長:西田敏英)では、九州地区のお客様とのさらなる関係強化を目的に、ショールーム「M’sサテライト九州(エムズ・サテライトきゅうしゅう)」を、8月4日に福岡市内に開設します(福岡市博多区豊1-9-71)。

当社の事業内容や最新のセキュリティシステム・ビル管理システムなどを「見て、触れて、実感」していただける他、エレベーターをはじめとした各種のビル設備を24時間・365日遠隔監視する安心・安全の窓口「九州情報センター」をご見学いただくことができます。
当社では、このショールームを、ビルのオーナーや管理者の方々との商談の場として活用してまいります。


◆九州支社の概要

九州支社は、九州全域を管轄し、ビルのオーナーや管理者の方々のニーズやお困りごとにお応えしていくビルソリューションビジネスを展開しています。

<主な事業>

・エレベーター・エスカレーター、冷熱・空調機器をはじめとしたビル設備
・セキュリティー向上や省エネを実現するビル管理システム
などの販売・施工・保守・修理・遠隔管理、さらにはビル全体の運営管理、ビル診断、リニューアルなど、ビルに関する様々な事業を展開しています。

 <管轄地域の管理台数・契約件数>

昇降機保守管理台数

 約25,000台

冷熱保守契約件数

 約2,500件

ビル管理システム契約件数

約1,600件



◆「M’sサテライト九州」の活用について

当社では、東京にショールーム「M’s station(エムズ・ステーション)」を設置しています。

「M’sサテライト九州」は、そのサテライトショールームとして、九州地区のお客様に、より気軽に足をお運びいただき、当社の事業内容のご紹介や、個々のお客様のニーズに応じたソリューションのご提案など、地域に密着した営業活動の核として活用していきます。

このような形のサテライトショールームは、当社では大阪につづいて2ヵ所目となります。今後こうしたサテライトショールームを全国に展開させていく考えです。 

※「M’sサテライト九州」は、広く一般の方にご来場いただくといったショールームではなく、ビルなどの設備やその運営・管理について、ご要望やお悩みを抱えておられるお客様に、当社の営業担当者やフィールドエンジニアが声をおかけしてご案内する形で運用していきます。


◆「M’sサテライト九州」について

1.プレゼンテーションルーム

「セキュリティー」と「省エネ」。この2つは今日のビル管理における重要なキーワードとなっており、多くの方から様々なご要望をいただいています。これらを実現する最新のシステムをわかりやすくご紹介するのが「プレゼンテーションルーム」です。

<セキュリティー>

ビルの安心・安全を実現するためのセキュリティー対策として、入退出管理システムや映像監視システム・情報セキュリティーシステム・業務システム・設備管理システムなどを、個々のニーズにマッチした形やスペックで組み合わせてご提案するのが、 三菱電機トータルセキュリティーソリューション「DIGUARD(ディガード)」です。複数のシステムを連動させることで、それぞれを個々に導入するよりも強固かつ利便性の高いセキュリティーを実現できます。その組み合わせの一例をデモンストレーションでご紹介します。

防犯カメラや監視カメラなどと呼ばれている映像監視システムは、ますます進化を遂げています。最新のメガピクセルカメラによる高精細映像記録や、用途に応じたカメラの映像比較など、実際のカメラ映像をご覧いただきながらご紹介します。また、人が入室した際の映像を記録して後から確認できるなどの機能を、実機にてご体験いただけます。

<省エネ>

ビルの省エネ化、費用の省コスト化、資産価値の向上を支援するビル設備運用システム&プランニング 「Facima(ファシーマ)」 。
最新のビル管理システムがあらゆるビル設備の運用状況やエネルギー使用量を自動的に収集し、データを専門のプランナーが分析して最適な省エネ対策などを策定してご提供する、「いま」の時代に心強いパッケージングです。その画期的なシステムと運用サポートを、実際の管理画面を使ってご紹介します。

その他、プレゼンテーションルームでは、映像などを多用しながら、お客様のニーズに応じた様々なプレゼンテーションを行います。


2.九州情報センター

24時間・365日、エレベーター・エスカレーターをはじめ、ビルの様々な設備やシステムを見守る「安心・安全」の窓口「九州情報センター」をご見学いただけます。

エレベーターや冷凍・空調設備などのビル設備にトラブルが発生した場合、全国9ヵ所に設置した三菱電機ビルテクノサービス「情報センター」が、故障信号やお客様からの電話に対応する「安心・安全の窓口」となります。

「九州情報センター」は九州地区を担当。ご契約いただいているビルの設備の状態を常時遠隔監視しています。異常信号をキャッチすると、エンジニアの現在位置や遂行中の仕事内容、さらに技術レベルなどから判断し、現地へ最も早く到着し的確に対応できるエンジニアを特定して急行させます。併せて、現在異常が発生している設備の前回の故障内容や当該ビルに関する情報をメールでエンジニアに送信することで、迅速な対応を可能にします。


トータルセキュリティーソリューション「DIGUARD」コーナー

映像監視システムコーナー

ビル設備運用システム&プランニング 「Facima」コーナー

九州情報センター


以上
  • 報道関係からのお問い合わせ先
    三菱電機ビルテクノサービス株式会社
    広報室 宮本・佐藤
    Tel : 03-5810-5280
Adobe PDFでご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
無料でダウンロードできます。
ニュースリリース一覧へ戻る
ページトップへ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.