• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大

Information ビルの管理に役立つお知らせ

冬の乾燥対策と省エネ

冬の乾燥対策と省エネ
  • 冬の室内は空気が乾燥するため、ウイルス性の風邪をひきやすくなったり、静電気の発生や、皮膚のかゆみなどが起こります。

    健康的な生活に最適な湿度範囲は40〜60%と言われています。これを下回ると、喉が乾燥したり、細菌の生存率・浮遊率が高まり風邪にかかりやすい状態になります。また、衣服などに帯電した電気の逃げ道がなくなり、静電気が発生しやすい環境になります。

    逆に最適湿度を上回ると、カビや結露が発生しやすい状態になりますので、湿度管理には注意が必要です。

    乾燥対策には、昔からストーブの上にやかんを置いたり、洗濯物を室内に干すなどの方法がありますが、加湿器を使うのも一つの手です。同じ温度でも、適切な 加湿をすることで、加湿をしない場合よりも空気が暖かく感じられますので、室温設定を低くでき、結果として省エネにも結びつきます。

    この冬はぜひ、健康と省エネのために室内の湿度管理にも気を配ってみてください。

このページの先頭へ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.