• 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • 小
  • 中
  • 大
  • トップ
  • >
  • フロン排出抑制法対応メニュー
ご存知でしたか!?フロンを使用した、業務用冷凍・空調機器の点検が義務化されました。
ビル用マルチエアコン / パッケージエアコン / チリングユニット / コンデンシングユニット / エレベーター専用エアコン
フロン排出抑制法 | 所有者(管理者)に求められる3つのポイント
  • 点検
    簡易点検
    全ての第一種特定製品が対象
    定期点検
    7.5kW以上の場合は有資格者が行なう
  • 記録

    機器ごとの点検や修理、冷媒の充填・回収等の履歴を記録・保存

  • 報告

    1年間にフロン類をCO2換算値で1,000CO2-ton以上漏えいした場合は国へ報告

点検種類 対象機器出力 点検頻度 点検内容 点検実施者
簡易点検 出力に関係なくすべての機器が対象 3ヵ月に1回以上
  • ・外観・配管等点検(損傷、腐食等)
  • ・冷媒漏えい徴候有無の確認
具体的な制限なし
点検種類 空調機器 7.5kW以上50kW未満 3年に1回以上
  • ・充分な知見を有するもの(有資格者等)による目視点検
  • ・有資格者による間接法又は直接法を組み合わせた漏えい点検
機器管理に係る資格等を有する者
50kW以上 1年に1回以上
冷凍機器 7.5kW以上 1年に1回以上

フロンをみだりに放出した場合や管理上の未報告・虚偽報告があった場合、
管理者に対して、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金など罰則があります。

一定規模以上の業務用機器については専門家による冷媒漏えい検査が必要です。

三菱電機ビルテクノサービスは、冷凍・空調機器の保守管理台数約42万台。
全国の約280ヶ所の事業所、第一種冷媒フロン類取扱技術者が約500名在籍しています。

約42万台 全国280拠点(2014年7月現在)
メンテナンス・リニューアルのご相談・資料請求はビルまるごと相談室へ
0120-0510-07 フリーダイヤル受付時間 平日 9:00~17:30

このページの先頭へ

Copyright © 2009 MITSUBISHI ELECTRIC BUILDING TECHNO-SERVICE CO.,LTD.